徹夜明けの風俗早朝サービスを利用したら超絶当たりの女の子と出会ったよ

徹夜仕事明けの朝5時、眠気と共に悶々としてる成人男子は会社からの帰り道にある早朝風俗を挑戦してみるのでした。
最近は店舗型じゃどこでも導入してる日の出営業。ホームページを見ても開店は「日の出~」としかなく、実際何時なのかわからない。
ネットで探ってみるとだいたい5~6時あたりが相場のよう。
目当てのエリアには数店早朝営業しているが、愚息が選んだのはセクハラ系ヘルス。
仕事のストレス発散にはベストなチョイスだと思う。

「いやん、やめて社長?」と嫌がるお茶くみ娘に
「ええじゃないかええじゃないか」と踊り狂う。最高だ。

正直、マットヘルスも捨てがたかったが、爆睡する危険性もあったので今日は却下。

いつも思うが風俗店は入る時が一番緊張するわけ。
毎度一回店の前を素通りしちゃう。(小心者)
なまじ会社の近くだけに誰に見られるかわからんからね。(早朝なのに?)

意外と穴場の早朝風俗

早朝営業をしているお店はどこも早朝割引を実施している。
通常サービスより20分増しとか切りの良い値段設定とかとにかくお得感はかなり高い。
日も明けきらない朝イチから抜きにくるリビドー戦士への労いであろうか。
今回は40分1万円と通常料金より2000円ほどお安いコースを選択。
開店と同時に滑り込む猛者は自分だけであったようでガランとした待合室で5分も待てばもう呼ばれる。
一番目の客は嬢もクリーンな感じがして気持ちがいいですな。

早朝嬢は朝からハイテンション

早朝嬢のテンションは高い。
開口一番「部長おはよーー!!」からのディープキス。(社長ではなかったか…精進が足りないようだ)
エレベータでは常に股間をもみもみ。
部屋につくやいなや、まさかの即尺であった。
通常コースより圧倒的にサービスいいんだけどっ!
正味疲れマラには刺激が強すぎてものの10分くらいで一発目果てたんだけどっ!

嬢が完全に当たりってのもあるが、それほど客待ちもなく、最初の客ってことで嬢ものびのびやれるみたいね。

一息ついたことでゆっくり部屋を見回すと、セクハラ系ってことで会社のようなデスクとビジネスチェアが用意されてるのね。
このビジネス空間を使ってオフィスラブの小芝居を演じながらやるってのがオツなんですな。

まあ今日は秒で真っ裸だったけど。
よく見ると嬢もOL服なのな。
秒で真っ裸だったけど。

ちなみに今回の嬢、かなりNGが少ないようで、即尺のみならず即アナル舐めまでOK。しかも自分から率先してしてくれるいわゆる女神であった。
いやはやマジでついてる。

スタイルはちょいぽっちゃり気味だがデブとはいえないほどよい肉付き。
これくらいの肉感が抱き心地がよいのよ。
顔もトップレベルではないが人好きする柔和な顔。安めぐみ系かな。
笑顔でコロコロしゃべる感じがかなり好感度高し。

とにかく一発抜いて数十秒の賢者タイムの後、ふと見るとエアーマットがあるのよ。
昔はソープ系のお店だったんだろね。
というわけで二回戦はマットプレイをお願いしました。
マットヘルス行かなくてラッキー♪

嬢はマットもお手のものでかなりうまい。
年齢的には20代半ばくらいと思うけどかなりの床上手。
いやこれはほんとに当たりよ。指名なしでここまでの娘はけっこう運が必要ね。
ローションまみれのスマタで二発目もあっさり轟沈。
残り時間はまったりトーク。
40分で二発&トーク付きってかなりのコスパよ。

早朝サービスについて聞いてみたところ、だいたい2名くらいが常勤してて休日前以外なら比較的空いてるらしい。
今日の嬢は早朝だけのメンバーのようで大体指名しなくてもこの娘に当たるようね。
これはいいこと聞いたわ。

というわけでヘビロテ必至の超当たり体験でした。

次は大阪の料亭「松島新地」を攻めようと思う。ネットで調べても松島新地のことが出てこないが、松島新地の求人サイトは遊郭アンテナは参考になる。

女の子の給料や仕事内容などが詳細に記されているので、そこから女の子のスペックもそれとなく分かるのだ。これは楽しみすぎる!

風俗の王道は色々ありますが、やっぱりソープランドだと心底思いました。

私は風俗へ行くなら本番を楽しみたい派なので、ソープランドや飛田新地ばかり通っていました。ソープランドの情報サイトは多いのですが、大阪の飛田新地はそのようなサイトがないので、飛田新地の求人サイトを見て勉強しました。

飛田新地は大阪の中でも閉鎖的な空間で、外部に情報が出回らないので「飛田新地ってどんなところ?」「どれくらいお金がかかるの?」など、様々な憶測が飛び交っています。

そこで、正しい情報を知るには飛田新地の求人・アルバイト情報のサイトを見るのが一番です。

飛田新地には3つの通りがありますが、同じ通りでも採用基準が全く違います。自分のランクがわからなければ「お店探し⇒面接⇒不採用⇒お店探し」を繰り返すことになります。

引用:飛田新地のアルバイト

飛田新地=可愛いと思っていたのですが、飛田新地の求人サイトによると同じエリアでも女の子レベルが異なるそうです。

飛田新地も悪くないけど、やっぱりソープランドが一番

私はファッションヘルスなどのライト風俗は、何回か行った経験があるのですが、ソープランドとなると、私にとってはハードルが高く、ずっとスルーをしていたのですが、ある時、友人とお酒を飲んでいる場で、ソープランドの話題になり、その友人は、来週、ソープランドに行くと言う話をしました。

私は酔いも手伝って、単身で行く勇気のないソープランドも友人とだったらと、私は友人にその場で、来週、私も一緒に同行する事を懇願し、了承してくれました。

友人はすぐに、その場で、来週に行くソープランドに電話し、私にブルーバードちゃんとファミリアちゃんが来週空いているけど、どっちがいい?と聞いてくるではありませんか。

詳細を聞くと、どうやらそのお店の女性達には、全員、車の名前が付いているとの事でした。

ブルーバードちゃんはぽっちゃり系。ファミリアちゃんは、細見系と言う事でしたので、私はぽっちゃり系のブルーバードちゃんを指名する事にしました。

突然の予約指名をした事で、俄然、来週のソープランドが私の中で一大イベントの様になって行きました。

恐らく人生で最初で最後のソープランドになると思いました。それは、その1年後に結婚が決まっていたからです。

結婚する前に独身最後のソープランドを謳した話

なので、私にとっては、人生で一度切りの大切な体験となると言う事で、数日前から緊張していました。

当日になり、友人と待ち合わせ、帰りは自由解散とし、お店の中に入りました。カーテンを潜ると、円弧状の皮のソファーがあり、おもむろに雑誌が置いてありました。雑誌は全てエッチな雑誌でした。きっと本番前のモチベーションを上げる為だろうと思いました。その時は4人ぐらいの中年おじさんがソファーに座っていて、次々と呼ばれて行きます。

経験がない私の緊張はマックスです。そして、いよいよ私はブルーバードちゃんから、予約していたあだ名で呼ばれ、白いバスローブを着た女性から手を繋がれ、エレベーターに乗り、お部屋へと促されました。

その時に正座をし、お辞儀と同時に自己紹介をしてくれました。その後は浴槽に湯を張りながら、雑談トークです。その時の雑談が彼女はとてもうまく、私の緊張感はどんどん取れていきました。そして、白いバスローブを脱ぎ、水着の状態で、私の洋服も焦らしながら、脱がしてくれて、全裸の私はスケベ椅子に促されました。

そして、私は後は相手の成すがままです。彼女は全裸になり、自分の体に泡を付け、私の体を彼女の体で洗ってくれました。

その後はフェラチオをされて、最初の挿入です。その流れがあまりにも自然で、直ぐにエクスタシーとなり、果ててしまいました。その後は、マットを用意し、ローションを塗り、私の体を普通にマッサージしてくれました。

このマッサージもマッサージ屋さん顔負けの技で気持ち良くなっていく中で、ハードなマッサージへと変化して行きます。その頃には私の息子も元気になり、騎乗位での2回目が始まり、後は私を主導としたエッチに切り替わり、フィニッシュです。その後のアフターケアもスローで行ってくれて、全てが夢の中でした。

90分と言う時間でしたが、全てが連動していて、心身共にリフレッシュ出来た余韻がありました。勿論、出来る人は3回目もある様でしたが、私は2回で十分でしたので、キスをしながら、添い寝をして、恋人気分で終了しました。

帰りは、ずっと余韻が消えませんでした。そして、これがソープランドかとあらためて、王道なのを感じました。その時までは、ファッションヘルスなどがメインでしたが、ソープランドを経験すると、これはファッションヘルスを1回我慢してでも、ソープランドへ行くべきだなと強く思いました。

非現実的な良い経験をさせて頂きました。男性に生まれて良かったと心底思います。

人生で初めて風俗店に行った時の体験談についてご紹介します

私が初めて風俗店に行ったのは、20歳の時でした。

当時、私は友人に誘われてよくパチスロに行ってたのですが、ある日、友人と私で合わせて10万円程買った時がありました。

そこで友人から「せっかくだし風俗で遊ぼう」と誘われました。その友人はよく風俗店に通っていて、かなりハマっているようでした。ですが当時の私は女性と付き合った事がなく、風俗店にも行った事がなかったので、戸惑ってしまいました。

しかし友人はそんな私を気にせず、半ば強引に新宿歌舞伎町にある風俗街の前まで、連れて行きました。それでもまだ私は、風俗店に入る決心が湧かなかったのですが、友人から「そんな事だと、お前はいつまでも女性と親密な関係になれないぞ」と言われ、焦りを覚えました。

確かに当時の私は女性に興味があるのに、積極的にアプローチをする勇気がなく、このままだと一生童貞のままで人生を終えてしまうといった、危機感を感じていました。

もしかしたら、このタイミングをきっかけに風俗店で女性に触れてみれば、臆病な自分を変える事が出来るかもしれないという考えが生まれ、思い切って風俗店に行く決心をしました。

友人はそんな私にデリヘルや、ピンサロ、ソープなど、いろんなジャンルの風俗店の仕組みについて教えてくれました。

そして私達がいた新宿歌舞伎町には、まさにあらゆる風俗店があったので、どのジャンルのお店にするかすごく迷いました。

そこで1時間程考えて、デリヘル風俗店を利用する事にしました。ソープの場合はセックスまでするので、それはまだ自分には早いと感じた事と、ピンサロの場合は個室じゃないので、友人と席が近くなったらお互いに気まずい事がネックであり、その点デリヘルなら個室で適度なサービス内容なので、初めての風俗体験にピッタリである事が決め手になりました。

そうして、私と友人は無料案内所で紹介されたデリヘル風俗店に入りました。

初めての風俗店でサービスを受けた感想

いざデリヘル風俗店に入ってみて、私はとても緊張していました。まるで、異国の世界に来たような感覚だったと思います。

いろんなコースがあったのですが、私は60分コースで女の子を指名してお金を払い、近くのホテルで待機する事になりました。私が指名した女の子は、23歳のスレンダーな体つきの子でとても人気があると、お店の人がオススメしていました。

ホテルで女の子を待っている間も、緊張し過ぎて心臓の脈がバクバクと、とても速くなっていました。

写真と全然違う女の子が来たらどうしよう、女の子に幻滅されたらどうしよう、どうやって女の子の体に触れていけば良いのだろう、などといった不安がありました。そして、私がホテルに着いてから15分程経った頃、部屋のチャイムが鳴り女の子が到着しました。

実際に対面した女の子は、写真通りの可愛らしくてスレンダーな体型をしていました。それにのんびりとした優しい雰囲気で、話しやすく、私の緊張はかなり治まってくれました。

私が「今まで女性の体に触れた事がなくて、どうしたら良いのか分からないんだよね」と話すと、女の子は「私がリードするから大丈夫だよ」と、微笑んでくれました。そして、女の子に言われるがままに服を脱いで、一緒にシャワーを浴びました。

その時私は、人生で初めて親以外の女性の裸を目の当たりにしました。

その女の子は、とても綺麗な体つきだったので、私の中の理想の女性をそのまま表現したような感じでした。女の子に体を洗われている時には、私自身かなり興奮していました。

シャワーを出てから、女の子が私の上に乗り、攻める形でプレイが始まりました。

これまで1人で自慰行為をしていた感覚とは比べ物にならないぐらい、気持ち良かったです。最初の緊張は徐々に解けていき、私も女の子の体を沢山触りました。女の子の体は、今までに味わった事のない柔らかさで、不思議な感覚でした。

結局60分の間で、私は2回フィニッシュしてとても楽しむ事が出来ました。指名した女の子の接客が、とても良かったおかげです。

その風俗初体験がきっかけで、その後もいろんな風俗店に通う事が、私の趣味になりました。

今までソープやヘルスしか知らなかった僕が飛田新地へ行ったときの体験

初めて飛田新地を知ったのは、職場の上司からの一言でした。

僕が初めて、飛田新地の存在を知ったのは、職場の上司の一言でした。
「自分、飛田新地って知ってる?この前行ってきたけど、すごいよ」と言われたけど、なんのことか分かりませんでした。しかし、すぐに興味を持ち、その日の夜インターネットでいろいろと調べました。

こんなところがあるのか、とワクワクドキドキしながら、飛田新地についての記事を読んでいると、昔からある遊郭であること、本番ができるということで、記事を読んでいるだけでムラムラしてきます。

今までは梅田のピンサロやホテルヘルスへ行くのが主流だった僕にとって、衝撃的なものでした。なぜなら、ヘルスなどでは写真で女の子を選ぶことが多かったのですが、実物とはかけ離れておりガッカリすることも多々あります。

ところが、飛田新地ではお店の前に女の子が座っており、直接見て、その場で選ぶことができるのです。具体的な遊び方から、自宅から電車での行き方をチェックし、さらに飛田新地のマップをプリントアウトしました。

上司からはかんなみ新地というのもある、と聞いていたのですが、飛田新地のほうが規模が大きいらしくここに行くことに決めました。

当日最大限楽しもうと思い、その数日前からオナニーを控えました。

当日、資格試験の授業が終わった夕方、向かいました。事前に調べていた通り、地下鉄の動物園前駅で降り、2番出口を出て、アーケードの商店街を歩きます。10分程歩いたところで、左折し、しばらく歩くといよいよ飛田新地に到着です。

昔ながらの建物が並んでおり、白い看板にお店の名前が書いてあります。

お店が並んでいる通りには名前がついており、青春通り、妖怪通りなどがあり、女の子の質と値段が異なるようです。

本来はひととおり、お店を見て廻ってから、決めるようですが、僕はいきなり最初の1件目が好みの女の子だったので、決めてしまいました。

いよいよ飛田新地初体験、緊張でドキドキしてきました

お店の中央に女の子がライトアップされて座っており、横側にいるおばちゃんが声をかけてきます。「初めてですけど、いいですか?」と声をかけると、女の子がニコッと微笑んでくれて、二階の部屋へ招待してくれます。

お茶を出してくれて、料金の説明を受けました。

僕は飛田新地の短い時間体系の中でも、ある程度ゆっくり遊びたかったので、30分を選択しました。本来30分2万1千円らしいのですが、その女の子は30分2万円で接客しているらしく、2万円を支払うと、お金を持って、下へ降りていき、すぐに部屋へ戻ってきました。

飛田新地自体が初めてで、緊張していることを伝えると、「よろしくね」とニコッと微笑んでくれます。飛田新地ではシャワーがないのに驚きましたが、12月だったので、それほど気にはなりませんでした。

自分で服を脱ぎながら、女の子が脱ぐのを見てると、興奮して少し勃起してきました。長い髪をポニーテールにし、体はムチムチでおっぱいも大きく、すべてが自分の好みでテンションがあがってきました。

しばらくおっぱいを触っていると完全に勃起したので、ゴムをつけてフェラをしてくれます。ヘルスなどでは生フェラが当たり前だったため、少しショックでしたが、病気になるリスクがほとんどないということで、飛田新地で働く女の子にとっては安心だそうです。

いよいよ挿入です。まずは騎乗位で女の子がまたがってくれます。

もともと早漏でしかも5日ほど溜めていたので、腰を動かされてしばらくして射精感がこみあげてきたので、バックをお願いしたところ、「いいよ」と言ってくれました。
女の子のエッチな格好を見ながら、後ろから挿入し、10回ほど動いたところで我慢できなくなり、あっという間にゴムの中に大量の精子を出してしまいました。

「気持ちよかった?」と女の子が優しくゴムを外してくれます。

その後しばらく話をして、キャンディをもらい、お店をあとにしました。それから数か月に一度飛田新地に遊びに行きますが、初めての体験を超えることはありません。

メンズエステという、表向きは健全なエステだが実質は風俗。

最近メンズエステというジャンルの店が町には溢れています。

ホームページではリラックス、オイルエステで心も体もリフレッシュなど書いてあり、抜くとか脱ぐとか風俗を思わせる内容は一切書かれていません。

しかし、値段設定を見ると90分12000円からなど、明らかに普通のオイルマッサージの値段では無いのが想像つきます。在籍スタッフの紹介も、女性はファーストネームで書いてあり、写真もなんかエロい感じのが多いです。私も職場の後輩にすすめられて行ってみました。部屋は普通のマンションの一室。

時間になれば携帯にワンギリがあり、それを合図に指定されていた部屋を訪ねます。初めてなので、緊張してピンポンを押すと鍵が空きドアが開きます。その時、驚いたのは、女の子の可愛いこと。いや、この可愛さはやはり風俗ではない、ここは普通のエステなんだろうと思いました。部屋は2DK程。

女の子1人しか部屋にはおらず、完全固執制とのこと。女の子は安田美沙子をギャルにした感じの20歳後半。とにかく可愛かったです。まずはお茶を出されコースの確認。お金を払い、シャワーに案内されます。

その際紙パンツを履くように言われます。今まで履いたことが無いような、面積の少ないパンツです。シャワーを浴びたらパンツを履いてうつ伏せになって待つように言われました。その時も私は半信半疑でした。

ここは風俗ではないなか。でも、これだけ可愛い女の子にマッサージしてもらえるなら、抜きが無くてもいいかと、でももしかしたらあるかもなど期待しながら待っていました。

すると、マッサージが始まりました。背中にバスタオルをかけられ、全身を揉みほぐします。マッサージがうまい。純粋に気持ちよく、そして会話も上手なので、思わずエロいことなど忘れてしまうほどです。その後、オイル使うとのことで、無香料タイプか、香りがあるタイプかを聞かれます。

妻にバレるので、無香料を選びましたり

オイルを使っての風俗エステ、その後、徐々に鼠径部を攻められる

オイルを塗って、まずは足裏から。

なんとも言えない気持ちよ良さがあります。ローションプレイに近い感じでしょうか。オイルで女の子の柔らかい手で肌を撫でましてもらう。

これだけでたまりません。背中、肩と順番に撫でてもらい。手は徐々にお尻から、鼠径部回りに来ます。鼠径部や肛門の周りを触ってもらっているのですが、肛門、アソコには触れそうで触れない、きわマッサージ。

これがたまりません。

その時うつ伏せですが、私のアソコはまあギンギンです。しかし、もしかしたら、ここは風俗ではなく、ただのエステなのに、激しく勃起をしてしまっているのではないかという恥ずかしさ。

これが、何とも言えず興奮します。

その後、うつ伏せの状態で片足を曲げるよう言われます。さらに手は鼠径部へ。この時勃起したアソコに女の子の手紙ときより優しく擦れます。

思わす声が出てしまう気持ち良さ。次は四つん這いになるやうにいわれます。後ろから、肛門回り、鼠径部を執拗に責められます。

そして、手は紙パンツの中にある私のアソコをソフトタッチに触るか触らないかの力で撫で回します。四つん這いの、状態から下を除きこむと、女の子の白いパンツが、少しだけ除く足元が見えます。

その間には恥ずかしくも、我慢汁の糸を引いている私のアソコ。ついに仰向けになるよう言われます。私はこの後どうなるのかが知りたく、女の子に、最後はどうやって終わるんですか?聞きました。

しかし、向こうもどうしたいですか?と聞き返してくるので、抜いて欲しいです。と答えるとおもむろに紙パンツをずり下りし、我慢汁を垂れ流したアソコを露わにされました。

ここは風俗だと確信しました。

たくみに絡みついてくる手コキ。これは本当に手なのかと疑うほどのテクニック。亀頭を撫で回され、私は限界に近づいていました。

胸を触っていいかと聞くと、ダメですと言われたが、我慢できず。服の上からおもむろに胸を揉みました。

さらに服の隙間からブラの中に手を入れて乳首も露わに。女の子はダメですよ。と言いながらも触らしてくれ、私は激しい手コキのなか果てました。

通常の風俗とは違う曖昧さと女の子のレベルの高さ。完全にハマってしまい、日々通いつめる毎日です。

格安風俗といわれるピンサロのサービスは女の子によって格段に違う

風俗の中でダントツに格安のピンサロに通いつめています。指名しなければ一回7千円から9千円くらいで遊べるので、毎月2回行っても金欠にはなりません。
ピンサロのサービスは基本的にはお口で奉仕するだけなので、若い女の子が非常に多いのが特徴です。

私は午後の早い時間帯に行くことが多いのですが、大学生のアルバイトの女の子とあたる確率が非常に高いです。

風俗遊びをしているとあたりはずれが激しいのですが、ピンサロは年齢が若いので、ハズレを引いても充実した風俗ライフで満足度ナンバーワンです。
お店に入ると濡れタオルを持った女の子がソファーにやってきて、ウイスキーを1杯飲みながらお話をするのですが、この時にアニメの話などをすると、プレイ時間が短くなるので、注意が必要です。

以前、私はうっかり弱虫ペダルという女の子に人気のアニメの話をしてしまい、盛り上がりすぎて延長しなければならなくなったこともあります。
ピンサロで働く女の子は短期的に働くアルバイトなので、時間の使い方などはあまり上手でないことも多いので、自分から積極的にプレイを進めていくことも大切だと思いました。

私は昼間の時間帯に行くことが多いのですが、人気の女の子はピークの時間帯に出ることが多いので、若くてきれいな子と遊びたければやはり夜の9時以降です。
夜は見た目もサービスも全くレベルが違うので、こんなに違うのか、と思ったこともあります。

料金は指名しなければどちらも同じですが、夜は指名をしないととんでもないハズレを引く可能性があるので私は必ず指名をしています。

サービスは昼も夜も同じですが、積極的にグイグイ行ったときの感触は夜のほうがいいので、はじめての人ならばやっぱり夜のほうがやりやすいかもしれません。
ピンサロは良い女の子を見つけたとしても短期間でいなくなるので、その点は、ちょっと寂しいですね。

ピンサロは好みの男性にはサービスが良くなる風俗

ピンサロで働く女の子たちは普通の大学生が多いので、自分の好みの男性にはものすごくサービスがよくなります。

以前、すごくきれいで可愛らしい女の子が、私が好みのタイプだとか言い出して、パンティーの上からしか触れないルールだったのですが、アソコを直接触ってもらいたい、と言われて、思う存分触れたことがありました。

風俗の中でも格安のピンサロですが、接し方を学んで自分の方から上手にアプローチをすると、より大胆なサービスを受けることができます。

これは他の風俗にも言えるのですが、ただマグロのようにされるがままいるのではなく、こちらから話しかけ、リラックスをさせて、自分の彼女のように扱っていると自然に打ち解けあい、大胆プレイになります。

大胆プレイと言っても本番行為はないので、69くらいまでなのですが、中には全身を舐めてくれた娘もいるので、彼女とふたり、ホテルにいるような雰囲気でやってみるのもよいかもしれません。

風俗嬢といってもやはり人間であり、一人の女性なので、気持ちが乗らないとプレイがいまいちになります。

せっかく高いお金を払って、ピンサロに来ているのですから、思う存分女性の体を楽しんで、より高いレベルの奉仕を受けないとがっかりしてしまいます。

ソファーという小さなスペースなので、できることは限られますが、淡々とプレイするのではなく、やりたいことをやり尽くすプレイスタイルのほうが私は好きです。
ダメなときは女の子の方からダメです!と言ってくるので、当たって砕けろの精神で、とりあえずやってみて、感じ始めたらOK、睨まれたらNGみたいな気持ちでいつも楽しんでします。

延長をしなければわずか20分程度のプレイ時間なので、2分位で挨拶をして、会話をしながらズボンを下ろし、濡れタオルで拭いてもらって、奉仕してもらうくらいが一番良いと思います。

アナル性感の風俗店でドライオーガズムを体験してオナニーの数倍気持ちよかった件

アナルに興味がある私は、アナル性感をしてドライでイかせてくれる風俗店に行ってみたのです。

電話で予約をして初めてと伝えて、この子はどうですかと紹介されたので、じゃあこの子でお願いをして、ホテルに行ってホテルの部屋番号を伝えた後、10分くらいたった時です。扉の方からトントンと音がして開けてみると、可愛い風俗嬢が立っていたのです。始めにアナル性感なのでカウンセリングをして用紙に記入をしたのです。プレイの内容が決まりアナルに浣腸をしてもらい排便をして綺麗にしてからシャワーに入ることになってました。

シャワー室から出るとベッドに行ってアナル性感のスタートです。初めてのことなので、とても緊張はしていたのですが、アソコは勃起したままだったのです。足を開かせられチングリ返しをさせられ、ローションを塗ってアナルを柔らかくした後に指を入れてなんか変な感覚でした。

アナルに指を入れたままおちんちんをしごいてくれて私は、すぐにイってしまったのです。そのまま亀頭を刺激させられ男の潮吹きを始めて体験をしました。なんかおしっこが強制的に出る感じがして、何ともいえない気持ちよさだったのです。

アナルにエネマグラを挿入し、前立腺を刺激され始めての時はわからなくドライを経験することは出来なかったですが、3回目にアナル性感を利用した時には、風俗嬢のテクニックで指で前立腺を刺激されドライを経験することが出来たのです。精子が出そうだけど精子は出ずにイってしまうというドライオーガズムを経験したのです。

名前では聞いていたけどこんなに気持ちいのかと、とても癖になっちゃいそうでした。風俗嬢にチンポが勃起している状態で前立腺を刺激されていると、私は力を抜いている状態で入れられているので、徐々に気持ちよさを感じるようになり、一度イかせられると、何度もイかせられました。

女性のイクという感覚がわかり風俗嬢のすごいテクニックに満足

アナル性感は普通の風俗ではしていないサービスをしてくれるので、アナルフェチの方には、絶対におすすめです。

アナルを女性の方に見られて恥ずかしい思いをしましたが、羞恥心もなくなり、どうぞ私を犯してくださいと言って、風俗嬢にチングリ返しや四つん這いなど体位を変えながら、アナルとチンポを気持ちよくさせてもらったのです。

一日目はエネまぐらで刺激され、二回目には指の先にローターをつけてアナルを刺激され、三日目には同じくローターを付けた指にコンドームをかぶせてアナルに入れて直で前立腺を刺激されたのです。風俗嬢は指の方が前立腺の位置がわかりピンポイントで刺激させることが出来るので、

私はこの方が好きと言っていたのです。アナルにその指とローターを入れていると、ぺ二スの先っぽの方から我慢汁が出てきて、前立腺も気持ちよくなってきて、指の腹で刺激されたことから、前立腺もプクッと盛り上がってきて、指で刺激を続けると、ペニスからどんどん我慢汁が出てくるようになったのです。

風俗嬢がドライ行けそうとつぶやいたので、このままドライに挑戦をすることになったのです。前立腺を強く刺激すると、体も反り返り我慢出来ない感じが続いたので、私は思わず声が出てしまったのです。

でも風俗嬢は刺激を続けていると、私の中で頭が真っ白になり、なんとも言えない気持ちよさを感じイってしまったのです。私は性欲がたまるとオナニーをするのですが、オナニーの数倍気持ちよさを感じたのです。

風俗嬢は、ストイックでイったばかりの私ですが、連続でイかせられたのです。私はもうだめと言ったのですが、アナルを刺激されておかしくなりそうでした。女性を何度もイかせたことがありますが、女性がイク感じがわかったような感じがします。

私は癖になってしまったので、またアナル性感にイって、満足をさせてもらいたいです。