メンズエステという、表向きは健全なエステだが実質は風俗。

最近メンズエステというジャンルの店が町には溢れています。

ホームページではリラックス、オイルエステで心も体もリフレッシュなど書いてあり、抜くとか脱ぐとか風俗を思わせる内容は一切書かれていません。

しかし、値段設定を見ると90分12000円からなど、明らかに普通のオイルマッサージの値段では無いのが想像つきます。在籍スタッフの紹介も、女性はファーストネームで書いてあり、写真もなんかエロい感じのが多いです。私も職場の後輩にすすめられて行ってみました。部屋は普通のマンションの一室。

時間になれば携帯にワンギリがあり、それを合図に指定されていた部屋を訪ねます。初めてなので、緊張してピンポンを押すと鍵が空きドアが開きます。その時、驚いたのは、女の子の可愛いこと。いや、この可愛さはやはり風俗ではない、ここは普通のエステなんだろうと思いました。部屋は2DK程。

女の子1人しか部屋にはおらず、完全固執制とのこと。女の子は安田美沙子をギャルにした感じの20歳後半。とにかく可愛かったです。まずはお茶を出されコースの確認。お金を払い、シャワーに案内されます。

その際紙パンツを履くように言われます。今まで履いたことが無いような、面積の少ないパンツです。シャワーを浴びたらパンツを履いてうつ伏せになって待つように言われました。その時も私は半信半疑でした。

ここは風俗ではないなか。でも、これだけ可愛い女の子にマッサージしてもらえるなら、抜きが無くてもいいかと、でももしかしたらあるかもなど期待しながら待っていました。

すると、マッサージが始まりました。背中にバスタオルをかけられ、全身を揉みほぐします。マッサージがうまい。純粋に気持ちよく、そして会話も上手なので、思わずエロいことなど忘れてしまうほどです。その後、オイル使うとのことで、無香料タイプか、香りがあるタイプかを聞かれます。

妻にバレるので、無香料を選びましたり

オイルを使っての風俗エステ、その後、徐々に鼠径部を攻められる

オイルを塗って、まずは足裏から。

なんとも言えない気持ちよ良さがあります。ローションプレイに近い感じでしょうか。オイルで女の子の柔らかい手で肌を撫でましてもらう。

これだけでたまりません。背中、肩と順番に撫でてもらい。手は徐々にお尻から、鼠径部回りに来ます。鼠径部や肛門の周りを触ってもらっているのですが、肛門、アソコには触れそうで触れない、きわマッサージ。

これがたまりません。

その時うつ伏せですが、私のアソコはまあギンギンです。しかし、もしかしたら、ここは風俗ではなく、ただのエステなのに、激しく勃起をしてしまっているのではないかという恥ずかしさ。

これが、何とも言えず興奮します。

その後、うつ伏せの状態で片足を曲げるよう言われます。さらに手は鼠径部へ。この時勃起したアソコに女の子の手紙ときより優しく擦れます。

思わす声が出てしまう気持ち良さ。次は四つん這いになるやうにいわれます。後ろから、肛門回り、鼠径部を執拗に責められます。

そして、手は紙パンツの中にある私のアソコをソフトタッチに触るか触らないかの力で撫で回します。四つん這いの、状態から下を除きこむと、女の子の白いパンツが、少しだけ除く足元が見えます。

その間には恥ずかしくも、我慢汁の糸を引いている私のアソコ。ついに仰向けになるよう言われます。私はこの後どうなるのかが知りたく、女の子に、最後はどうやって終わるんですか?聞きました。

しかし、向こうもどうしたいですか?と聞き返してくるので、抜いて欲しいです。と答えるとおもむろに紙パンツをずり下りし、我慢汁を垂れ流したアソコを露わにされました。

ここは風俗だと確信しました。

たくみに絡みついてくる手コキ。これは本当に手なのかと疑うほどのテクニック。亀頭を撫で回され、私は限界に近づいていました。

胸を触っていいかと聞くと、ダメですと言われたが、我慢できず。服の上からおもむろに胸を揉みました。

さらに服の隙間からブラの中に手を入れて乳首も露わに。女の子はダメですよ。と言いながらも触らしてくれ、私は激しい手コキのなか果てました。

通常の風俗とは違う曖昧さと女の子のレベルの高さ。完全にハマってしまい、日々通いつめる毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です