風俗の王道は色々ありますが、やっぱりソープランドだと心底思いました。

私は風俗へ行くなら本番を楽しみたい派なので、ソープランドや飛田新地ばかり通っていました。ソープランドの情報サイトは多いのですが、大阪の飛田新地はそのようなサイトがないので、飛田新地の求人サイトを見て勉強しました。

飛田新地は大阪の中でも閉鎖的な空間で、外部に情報が出回らないので「飛田新地ってどんなところ?」「どれくらいお金がかかるの?」など、様々な憶測が飛び交っています。

そこで、正しい情報を知るには飛田新地の求人・アルバイト情報のサイトを見るのが一番です。

飛田新地には3つの通りがありますが、同じ通りでも採用基準が全く違います。自分のランクがわからなければ「お店探し⇒面接⇒不採用⇒お店探し」を繰り返すことになります。

引用:飛田新地のアルバイト

飛田新地=可愛いと思っていたのですが、飛田新地の求人サイトによると同じエリアでも女の子レベルが異なるそうです。

飛田新地も悪くないけど、やっぱりソープランドが一番

私はファッションヘルスなどのライト風俗は、何回か行った経験があるのですが、ソープランドとなると、私にとってはハードルが高く、ずっとスルーをしていたのですが、ある時、友人とお酒を飲んでいる場で、ソープランドの話題になり、その友人は、来週、ソープランドに行くと言う話をしました。

私は酔いも手伝って、単身で行く勇気のないソープランドも友人とだったらと、私は友人にその場で、来週、私も一緒に同行する事を懇願し、了承してくれました。

友人はすぐに、その場で、来週に行くソープランドに電話し、私にブルーバードちゃんとファミリアちゃんが来週空いているけど、どっちがいい?と聞いてくるではありませんか。

詳細を聞くと、どうやらそのお店の女性達には、全員、車の名前が付いているとの事でした。

ブルーバードちゃんはぽっちゃり系。ファミリアちゃんは、細見系と言う事でしたので、私はぽっちゃり系のブルーバードちゃんを指名する事にしました。

突然の予約指名をした事で、俄然、来週のソープランドが私の中で一大イベントの様になって行きました。

恐らく人生で最初で最後のソープランドになると思いました。それは、その1年後に結婚が決まっていたからです。

結婚する前に独身最後のソープランドを謳した話

なので、私にとっては、人生で一度切りの大切な体験となると言う事で、数日前から緊張していました。

当日になり、友人と待ち合わせ、帰りは自由解散とし、お店の中に入りました。カーテンを潜ると、円弧状の皮のソファーがあり、おもむろに雑誌が置いてありました。雑誌は全てエッチな雑誌でした。きっと本番前のモチベーションを上げる為だろうと思いました。その時は4人ぐらいの中年おじさんがソファーに座っていて、次々と呼ばれて行きます。

経験がない私の緊張はマックスです。そして、いよいよ私はブルーバードちゃんから、予約していたあだ名で呼ばれ、白いバスローブを着た女性から手を繋がれ、エレベーターに乗り、お部屋へと促されました。

その時に正座をし、お辞儀と同時に自己紹介をしてくれました。その後は浴槽に湯を張りながら、雑談トークです。その時の雑談が彼女はとてもうまく、私の緊張感はどんどん取れていきました。そして、白いバスローブを脱ぎ、水着の状態で、私の洋服も焦らしながら、脱がしてくれて、全裸の私はスケベ椅子に促されました。

そして、私は後は相手の成すがままです。彼女は全裸になり、自分の体に泡を付け、私の体を彼女の体で洗ってくれました。

その後はフェラチオをされて、最初の挿入です。その流れがあまりにも自然で、直ぐにエクスタシーとなり、果ててしまいました。その後は、マットを用意し、ローションを塗り、私の体を普通にマッサージしてくれました。

このマッサージもマッサージ屋さん顔負けの技で気持ち良くなっていく中で、ハードなマッサージへと変化して行きます。その頃には私の息子も元気になり、騎乗位での2回目が始まり、後は私を主導としたエッチに切り替わり、フィニッシュです。その後のアフターケアもスローで行ってくれて、全てが夢の中でした。

90分と言う時間でしたが、全てが連動していて、心身共にリフレッシュ出来た余韻がありました。勿論、出来る人は3回目もある様でしたが、私は2回で十分でしたので、キスをしながら、添い寝をして、恋人気分で終了しました。

帰りは、ずっと余韻が消えませんでした。そして、これがソープランドかとあらためて、王道なのを感じました。その時までは、ファッションヘルスなどがメインでしたが、ソープランドを経験すると、これはファッションヘルスを1回我慢してでも、ソープランドへ行くべきだなと強く思いました。

非現実的な良い経験をさせて頂きました。男性に生まれて良かったと心底思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です