格安風俗といわれるピンサロのサービスは女の子によって格段に違う

風俗の中でダントツに格安のピンサロに通いつめています。指名しなければ一回7千円から9千円くらいで遊べるので、毎月2回行っても金欠にはなりません。
ピンサロのサービスは基本的にはお口で奉仕するだけなので、若い女の子が非常に多いのが特徴です。

私は午後の早い時間帯に行くことが多いのですが、大学生のアルバイトの女の子とあたる確率が非常に高いです。

風俗遊びをしているとあたりはずれが激しいのですが、ピンサロは年齢が若いので、ハズレを引いても充実した風俗ライフで満足度ナンバーワンです。
お店に入ると濡れタオルを持った女の子がソファーにやってきて、ウイスキーを1杯飲みながらお話をするのですが、この時にアニメの話などをすると、プレイ時間が短くなるので、注意が必要です。

以前、私はうっかり弱虫ペダルという女の子に人気のアニメの話をしてしまい、盛り上がりすぎて延長しなければならなくなったこともあります。
ピンサロで働く女の子は短期的に働くアルバイトなので、時間の使い方などはあまり上手でないことも多いので、自分から積極的にプレイを進めていくことも大切だと思いました。

私は昼間の時間帯に行くことが多いのですが、人気の女の子はピークの時間帯に出ることが多いので、若くてきれいな子と遊びたければやはり夜の9時以降です。
夜は見た目もサービスも全くレベルが違うので、こんなに違うのか、と思ったこともあります。

料金は指名しなければどちらも同じですが、夜は指名をしないととんでもないハズレを引く可能性があるので私は必ず指名をしています。

サービスは昼も夜も同じですが、積極的にグイグイ行ったときの感触は夜のほうがいいので、はじめての人ならばやっぱり夜のほうがやりやすいかもしれません。
ピンサロは良い女の子を見つけたとしても短期間でいなくなるので、その点は、ちょっと寂しいですね。

ピンサロは好みの男性にはサービスが良くなる風俗

ピンサロで働く女の子たちは普通の大学生が多いので、自分の好みの男性にはものすごくサービスがよくなります。

以前、すごくきれいで可愛らしい女の子が、私が好みのタイプだとか言い出して、パンティーの上からしか触れないルールだったのですが、アソコを直接触ってもらいたい、と言われて、思う存分触れたことがありました。

風俗の中でも格安のピンサロですが、接し方を学んで自分の方から上手にアプローチをすると、より大胆なサービスを受けることができます。

これは他の風俗にも言えるのですが、ただマグロのようにされるがままいるのではなく、こちらから話しかけ、リラックスをさせて、自分の彼女のように扱っていると自然に打ち解けあい、大胆プレイになります。

大胆プレイと言っても本番行為はないので、69くらいまでなのですが、中には全身を舐めてくれた娘もいるので、彼女とふたり、ホテルにいるような雰囲気でやってみるのもよいかもしれません。

風俗嬢といってもやはり人間であり、一人の女性なので、気持ちが乗らないとプレイがいまいちになります。

せっかく高いお金を払って、ピンサロに来ているのですから、思う存分女性の体を楽しんで、より高いレベルの奉仕を受けないとがっかりしてしまいます。

ソファーという小さなスペースなので、できることは限られますが、淡々とプレイするのではなく、やりたいことをやり尽くすプレイスタイルのほうが私は好きです。
ダメなときは女の子の方からダメです!と言ってくるので、当たって砕けろの精神で、とりあえずやってみて、感じ始めたらOK、睨まれたらNGみたいな気持ちでいつも楽しんでします。

延長をしなければわずか20分程度のプレイ時間なので、2分位で挨拶をして、会話をしながらズボンを下ろし、濡れタオルで拭いてもらって、奉仕してもらうくらいが一番良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です